東京で絶品たまごサンドが食べれる店10選

東京で絶品たまごサンドが食べれる店10選
2018年7月15日 briansmile
In カフェ&レストラン
たまごサンド専門店

今、たまごサンドが大人気

今、たまごサンドがじわじわと人気になっています。
たまごサンドと一口にいっても、いろいろなタイプ、作り方があり、全国地方ごとにその傾向があるようです。例えば東京、関東周辺では「ゆで卵をつぶしてマヨネーズと和えた」フィリング(具材)が一般的ですが、関西では「厚焼きの卵焼き」が多く見られます。さらに関西でも京都などは「だし巻きの卵焼き」で作る店が多い傾向にあります。
 
人気の着火はインスタの「萌え断」から
最近のたまごサンド人気にインスタグラムにおける「萌え断」(インスタ映えする断面)などの影響が大きいことは間違いありません。また近年の情報インフラやメディアの発達によって「食」の情報が容易に入手できるようになったことや、「定番だけど新しい」料理の提供に積極的な調理人や店が増えたことなどがその理由といえるでしょう。

ここの記事では、東京で食べることができるたまごサンドのおすすめ店をそれぞれの特徴や人気メニューなどとともに紹介します。有名店だけではなく、街中の穴場の店も選んでいますので、ぜひ好みの店を見つけてください。

 





東京都内の絶品たまごサンド10選

マドラグ【神楽坂】

ichika☺︎さん(@tky_cafe_meguri)がシェアした投稿

現在のたまごサンドブームを語る上で欠かすことのできない店があります。それは京都にあった『コロナ』という洋食店です。コロナは1945年の開店という老舗で、その特徴的なたまごサンドが人気を集めていました。残念ながら2012年に惜しまれつつ閉店しましたが、90歳を超えたご主人が長年作り続けたたまごサンドを求め、閉店まで連日行列となっていました。これこそが京都を発祥とし全国に影響を与えた「厚焼きたまご」のサンドイッチです。

 

このコロナのたまごサンドを後世に残すべく引き継いだのが同じ京都の喫茶店『マドラグ』でしたが、そのマドラグが東京に進出しました。神楽坂駅前の商業施設「la kagu(ラカグ)」の中に東京店をオープン、あのコロナのたまごサンドが東京でも食べられるようになったのです。メニュー名も「コロナの玉子サンド」(税別850円、ハーフ650円もあります)。圧倒的なビジュアルのぶ厚いふわふわなたまごサンドは今でこそ同じタイプのものがありますが、コロナのたまごサンドがそのスタイルの源流であることは間違いありません。これからたまごサンドをいろいろ食べ歩きたい方には、まずマドラグを訪れることをおすすめいたします。

 

店舗名 マドラグ(LA MADRAGUE)
住所 東京都新宿区矢来町67 la kagu 1F
電話番号 03-5572-2130
営業時間 11:00-20:30
定休日 不定休(la kaguの休館日)

 

天のや【麻布十番】





たまごサンドが今日ここまで人気になった大きな理由のひとつに、麻布十番の『天のや』の存在があります。ミシュランガイドにも掲載され、テレビや雑誌で芸能人の手土産として紹介されるなどメディアで取り上げることも多く、誰もがこの店の「厚焼きたまご」のサンドイッチの存在を知ることになりました。天のやは昭和2年大阪で創業、平成14年に現在の東京麻布十番に移転した甘味処です。たまごサンドは店伝統のレシピで、関西風の出汁をきかせた厚焼きのたまごをふわふわの食感に仕上げています。パンもふわふわで、マスタードを利かせたマヨネーズソースがアクセントがかかり、絶妙な味わいとなっています。現在は気軽に購入できるテイクアウト専門店を都内百貨店に4店展開しているほか、横浜、大阪にも出店、その他羽田空港などでも販売しているので、訪問前にお近くの店舗を確認すると良いでしょう。本店メニューの「玉子サンド」1080円ですが、テイクアウトは700円など少しお安く購入できます。なお、天のやのたまごサンドは保存料を使用しないため、消費期限は購入当日中となりますので早めに食べてしまいましょう。

 

店舗名 天のや
住所 東京都港区麻布十番3-1-9
電話番号 03-5484-8117
営業時間 12:00-22:00
定休日 火曜日
公式サイト https://amanoya.tokyo/
公式Twitter https://twitter.com/InfoAmano/

 

はまの屋パーラー【有楽町】

こんにちは!

7月に入り、より一層暑くなってきましたね。
はまの屋のフルーツ・サンドゥイッチでひんやり涼み、玉子・サンドゥイッチで暑さに負けないように体力をつけて下さい。

ご来店お待ちしております。

塩釜

Posted by はまの屋パーラー on Sunday, July 8, 2018

『はまの屋パーラー』は、有楽町で50年以上の歴史をもつ老舗の喫茶店です。オーナーの高齢化にともない2011年に一度閉店しましたが、翌2012年ファンの強い要望の中、新たな態勢で再スタートを切りました。伝統のレシピをそのまま受け継ぎ、人気の「たまごサンド」もその味を守っています。メニュー名は「玉子・サンドゥイッチ」(620円)で、その他の「野菜、ツナ、ハム、チーズ、フルーツ」などのサンドイッチと2種類で組み合わせることもできます。さらにプラス30円でトーストにすることもできます。この店のたまごサンドは東京の老舗喫茶店では珍しい関西風の「厚焼きたまご」スタイル。甘口で出汁の利いたたまご焼きがパンと好相性です。はまの屋パーラーは長年有楽町駅前のビルの地下に店を構えていますが、創業50年を迎えた一昨年、帝国ホテル内に2号店(日比谷店)をオープンしました。こちらは場所柄同じメニューでも少し高めの価格設定になっていますが、本店に比べ混雑が少ないのでゆっくりしたい時はこちらもおすすめです。

 

店舗名 はまの屋パーラー
住所 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F
電話番号 03-3212-7447
営業時間 月曜日~土曜日 9:00-18:00、日曜日10:00-17:00
定休日 祝日
公式サイト http://hamanoya-yurakucho.com/
公式Facebook https://www.facebook.com/hamanoyaparlor/
公式Twitter https://twitter.com/hamanoyaparlor

 

YOU【東銀座】

Hさん(@delightful_)がシェアした投稿

『YOU(ユー)』は東銀座、歌舞伎座のすぐ近くで店を構えて40年以上の老舗喫茶店です。以前から歌舞伎座の役者たちに大人気で、テレビや雑誌などで常に紹介されて今や誰もが知っている「オムライスの名店」になりました。昔ながらの真っ赤なケチャップのかけられたオムライスは、ふわふわトロトロのたまごにチキンライスが包まれています。

このオムライスに使うたまご焼きで「たまごサンド」を作ったらどんなにおいしいでしょうか?そんな想像を実現してくれるメニューが「オムレツサンド」です。ふわトロのオムレツがパンのハーモニーが絶品となっています。

またオムレツサンドとは別に、ゆで卵を使った一般的な「タマゴサンド」もあるので、両方の食べ比べもおすすめです!プラス箱代の50円でテイクアウトができるので、YOUのたまごサンドを食べながらの銀ブラもよいでしょう。(なお、人気の「オムライス」や喫茶店メニューの定番「ナポリタン」など、ほとんどのメニューがプラス箱代でテイクアウトができます)

 

店舗名 YOU
住所 東京都千代田区銀座4丁目13-17
電話番号 03-6226-0482
営業時間 10:00-21:00(食事は11:30から)
定休日 年末年始

 

アメリカン【東銀座】

チダカナさん(@chida_kana)がシェアした投稿

『アメリカン』は東銀座にある、サンドイッチが看板メニューの喫茶店です。

昭和のレトロな雰囲気を漂わせた喫茶店で、店内には有名人のサインも飾られています。元々知る人ぞ知る人気の店でしたが、近年のインスタグラムブームでさらに大人気になってしまいました。

その特徴はなんといって超特大サイズのサンドイッチ。どれだけ特大かというと、パン一斤をまるごと使った超巨大サイズでインスタ映えすること間違いなし、というほどの大きさです。サンドイッチはワンコイン500円とそのボリュームからは格安で、ランチタイムにはコーンスープにサラダ、飲み物がセットになった「サンドイッチセット」が1200円で提供されます。「ハムサンド」や「ツナサンド」など数種類のサンドイッチがありますが、その中でもやはり「タマゴサンド」は特に人気のメニューです。ゆでたまごは大きめにカットされているので食べごたえがあり、ふんわり感のある厚めのパンとの相性が抜群です。テイクアウトもあるので、自宅でゆっくり食べるのもおすすめです♪





 

店舗名 アメリカン
住所 東京都千代田区銀座4丁目11-7
電話番号 03-3542-0922
営業時間 8:00-10:30、12:00-15:30
定休日 土曜日、日曜日、祝日

 

セントルザ・ベーカリー【銀座1丁目】

ろいずさん(@royce0814)がシェアした投稿

『セントルザ・ベーカリー』は、バゲットが人気の有名店『VIRON(ヴィロン)』の食パン専門店です。地下鉄銀座1丁目から徒歩3分くらいの場所にあり、連日おいしい食パンを買い求める人が行列を作っています。食パンは国産小麦を使用した「角食パン」、北米産の小麦粉を使った「プルマン」、そして山型の「イギリスパン」と3種類を販売しています。

1本が2斤でイギリスパンのみ700円、その他が800円で一人一日3本までの購入に制限されていますイギリスパンは一日一回の焼き上がりで朝10時からの販売なので、イギリスパンを買いたい場合は早めの時間に来店の必要があるため注意しましょう!

またカフェが併設されており、そこで3種類の食パンの食べ比べや、食パンを使ったサンドイッチやトーストを食べることもできます。カフェで提供されている「たまごサンドイッチ」(900円)は国産小麦粉の角食パンにゆで卵を使った一般的なものですが、たまごと一緒に薄切りのきゅうりが挟まれており、独特な食感を楽しめます。

そしてたまごサンドといえば関西風のたまご焼きのサンドイッチも人気がありますが、この店ではそんな要望に応えて「オムレツサンド」も用意されています。ともにパンをおいしく食べるためのシンプルな味付けになっていて、食べ比べてみるのも楽しいです。

 

店舗名 セントルザ・ベーカリー
住所 東京都千代田区銀座1丁目2-1
電話番号 03-3562-1016
営業時間 10:00-19:00
定休日 月曜日(カフェのみ、パンの販売は無休)

 

ポポー【西日暮里】

@o.nn27がシェアした投稿

JR西日暮里駅から徒歩3分ほどの所にある人気のサンドイッチの店が『ポポー』です。道を挟んだ向かい側は東大合格者数日本一で知られる超進学校の開成高校・中学。店構えは駅のホームの小さな売店程度の大きさ、そこに次から次へとお客さんがサンドイッチを買いに来て、時間によっては大行列ができるほどです。

ショーケースには様々なサンドイッチが並びますが、「たまごサンド」(230円)は間違いなく人気の一品です。ゆでたまごとマヨネーズのオーソドックスなたまごサンドですが、包装からはみ出んばかりのボリュームで、たまごの食感がパンの端から端まで感じられます。またたまごサンドのバリエーションとして、たまごとポテトサラダにハムとチーズが挟んである「ポパイサンド」がもうひとつの名物サンドイッチとして人気となっています。ほかにも「カツサンド」や「肉じゃがコロッケサンド」、「フルーツサンド」や「カニサラダサンド」など、どれを食べてもボリュームたっぷりなので、「たまごサンド」や「ポパイサンド」とともに購入して食べ比べてみるのがおすすめです。

 

店舗名 ポポー
住所 東京都荒川区西日暮里3-6-12
電話番号 03-3821-8553
営業時間 6:30-15:00
定休日 日曜日、祝日

 

エスポワール【門前仲町】

さむさん(@sam_thumb)がシェアした投稿

『エスポワール』は門前仲町の駅近くの創業50年近い老舗の喫茶店ですが、カフェといった方が似合う、今風な感じの外観です。ですが店内に入ると意外なほどシンプルで余計な装飾などはほとんどなく、昔ながらの喫茶店というギャップのあるお店です。

お江戸名所の富岡八幡宮からもほど近く、参拝客も多く訪れています。名物メニューの『玉子サンド』(640円)は東京の老舗喫茶店には珍しい「たまご焼きスタイル」。以前は一般的なゆでたまごタイプでしたが、独自性を出すために現在のものに変えたそうです。特徴的なのは、厚焼きたまごの同じスタイルの店に比べてたまごが「半熟」状、むしろオムレツに近いものに仕上げてあること。それが焼き立ての温かさに薄切りのきゅうりと相まって、独特の食感を生み出しています。味の決め手はオリジナルのマヨネーズ、これで「エスポワールの玉子サンド」が完成します。下町散策の休憩に、玉子サンドをつまみながらコーヒーなどはいかがでしょうか。

 

店舗名 エスポワール
住所 東京都江東区富岡1-9-8
電話番号 03-3641-4092
営業時間 9:00-21:30(土曜日、日曜日は20:30)
定休日 土曜日

 

カヤバ珈琲【根津】

おはようございます☀
今日は朝から蒸し暑いですね。
店内の利用もおすすめですが、
カヤバ珈琲はテイクアウトも大丈夫ですよ😊
もちろんサンドイッチ類も!
#カヤバ珈琲 #谷根千 #kayabacoffee

Posted by カヤバ珈琲 on Wednesday, June 27, 2018

『カヤバ珈琲』は昭和13年創業の喫茶店ですが、創業者夫妻の逝去により平成18年に閉店しました。しかしその町家建築の建物は江戸時代の風情を色濃く残す遺産的価値が認められ、地元のNPO法人により平成21年に新たに古民家カフェとして復活しました。同時に同店の名物メニューのひとつであった『たまごサンド』も往年のレシピのもとに復活しました。

サンドは関東では珍しい「たまご焼き」スタイル。最近の流行に合わせたものではなく、古くからこのメニューを出していた先代主人のセンスには驚かされます。具材のたまごは塩だけの味付けで、マヨネーズが良いアクセントになります。

昭和の喫茶店で、おいしい珈琲とともにたまごサンドを味わってみてはいかがでしょうか。完全な復活を遂げたカヤバ珈琲は、今や都内の名所のひとつとして海外からの観光客にも紹介され、休日には行列ができるほどの人気を集めています。

 

店舗名 カヤバ珈琲
住所 東京都台東区谷中6丁目1-29
電話番号 03-3823-3545
営業時間 8:00-21:00(日曜日は18:00)
定休日 なし
公式サイト http://kayaba-coffee.com/info.html
公式Facebook https://www.facebook.com/kayabacoffee/
公式Twitter https://twitter.com/kayaba_coffee

 

珈琲店 桂【上野】

jerry0681さん(@jerry0681)がシェアした投稿

『珈琲店 桂』は、上野で店を構えて50年を超える老舗の喫茶店。現在は3店舗を構えていますが、すべて家族で経営しているんだとか!メディアでの紹介もほとんどなく、グルメサイトでの評価も特筆するものではありませんが、この店は東京の下町の喫茶店としておすすめの一軒です。

まずは珈琲がおいしい、ケーキ屋焼き菓子もおいしい、そしてサンドイッチがおいしい、と美味しいものづくしの店です。特に「エッグサンド」(510円税込)がおすすめ。サイズまでこだわった厳選の卵にバターだけを使ってふわふわに焼き上げたフィリングがパンとマッチしています。店の看板には「おいしいコーヒーとサンドイッチの店」とあり、まさに「看板に偽りなし」です。

今回紹介した上野駅に最も近い「台東区役所西横店」のほか、「上野・昭和通り角店」、「カフェ Katsura」といった姉妹店があります。なお、「エッグサンド」はどの店舗でもテイクアウトもできるので、近くの上野公園での花見や散策などの時には予約しての持ち帰りをおすすめします!

 

店舗名 珈琲店 桂 台東区役所西横店
住所 東京都台東区北上野1-5-2
電話番号 03-3841-6125
営業時間 9:00-19:00(土曜日は18:00)
定休日 日曜日

 

いかがでしたか?

「たまごサンド」というとなんとなく昔懐かしい感じがしますが、インスタという自体の流れに乗って再度注目が集まっています!コンビニなどでたまごサンドを食べる機会はあると思いますが、今回ご紹介したカフェや喫茶店で提供されているたまごサンドはコンビニなどのサンドとはひと味もふた味も違いますので、ぜひたまごサンドの食べ歩きをしてみてください!

 





pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status