無添加・オーガニックのベビーシャンプーおすすめ10選

無添加・オーガニックのベビーシャンプーおすすめ10選
2018年8月23日 まなしま
In 育児・ベイビー
子供向けベビーシャンプー

赤ちゃんはとても汗っかきで肌がデリケートです。生まれたての繊細な肌にできるだけ負担は掛けたくないですよね。今回はそんな赤ちゃんのために、無添加やオーガニックにこだわっているベビーシャンプーを紹介したいと思います。どの製品も新生児から使えるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください♪

オーガニックのベビーシャンプーおすすめ5選

ベビーブーバ ヘア&ボディシャンプー(日本)

オーガニック認証機関:Ecocert(フランス)

国産のオーガニック・ベビースキンケアブランドであるベビーブーバのオーガニックシャンプーは99%天然由来成分を使用しています。徹底して天然由来成分と植物成分にこだわることで、新生児の赤ちゃんでも安心して使うことができます。また石油系合成界面活性剤を使用していません。オーガニック認証はフランスのEcocertから認定を受けています。

合成香料を使用していないにもかかわらず、ほのかにラベンダーの香りがします。ラベンダーの香りはリラックス効果もあるので、赤ちゃんにもパパママにもオススメです。

オーガニックのシャンプーですとどうしても海外のブランドが多くなってしまいますが、日本人が日本人の赤ん坊の肌のために開発しているため安心できるのが嬉しいですね。

アロベビー ベビーソープ(日本)

オーガニック認証機関:Ecocert(フランス)

アロベビーも純国産ブランドで、ベビーソープは99%以上天然由来成分配合です。石油系界面活性剤、パラベンを一切使用していないので肌にとても優しいのが特徴です。髪の毛から体まで洗うことができます。

また、泡タイプでふわふわとしていますが、しっかりと流せるため赤ちゃんの肌トラブルの原因となってしまうソープ残しもしづらくなっています。

こちらもオーガニック認定をEcocertから受けています。

エルバビーバ ベビー シャンプー(アメリカ)

オーガニック認証機関:USDA(米農務省)、デメター(ドイツ)

エルバビーバはオーガニックのヘアケア製品で有名なジョンマスターオーガニックの幼児向けブランドです。エルバビーバのベビーシャンプーは液体タイプのシャンプーで、使用原料の99%以上がオーガニックのもので作られており、石油系界面活性剤、ラウリル硫酸Naは不使用のノンシリコンシャンプーです。

エルバビーバの商品の特徴に「香りがとても良い」という点があり、使用してみるとラベンダーとカモミールの香りがほのかにし、入浴中はもちろんのこと髪の毛が乾いても癒される匂いが続きます。製品名が「シャンプー」ですが、顔や体にも使えます。





ロゴナ ベビィ・ボディ&ヘアシャンプー(ドイツ)

認証機関:BDIH(ドイツ)

ロゴナは、ドイツで40年以上前からオーガニックにこだわってナチュラルコスメを販売しているオーガニックブランドです。そんなベビィ・ボディ&ヘアシャンプーは厳選された植物エキスが使われていて、化学合成された成分は使用されていません。また、髪の毛を含め全身を洗うことができます。

保湿成分にアロエやカモミール、キャレンデュアの花が使われているため、優しく潤いがある肌に整えてくれます。

もともとは市販用ではなく、ロゴナのスタッフたちが自分たちの子供のために実験室で作ったものですので、安心して使えます♪

ウルテクラム ベビーウォッシュ(デンマーク)

認証機関:ECOCERT(フランス)

デンマーク発のウルテクラムはデンマーク語で「良質なハーブ」という意味を表し、その名の通り商品には自然由来の成分の使用が徹底されており、厳選した植物成分の原材料のみを用いています。もちろん合成保存料やパラベンは不使用で、動物実験も一切行っていません。

ベビーウォッシュは無香料で、万一赤ちゃんの目に入ってしまっても目が染みることはありません。

植物成分はアロエベラの葉を使用しています。ベースは植物エキスですが、汚れはしっかりと落ちます!またアロエベラの成分配合だからこそ保湿力もばっちりです。デンマークにおいて、喘息アレルギー協会から認定されているんだとか!

無添加のベビーシャンプーおすすめ5選

こちらではオーガニックではないけれど、肌に優しい無添加のベビーシャンプーをご紹介させてもらいたいと思います。

ドルチボーレ ベビーソープ(日本)

Dolci Bolle(ドルチボーレ)の無添加なベビーソープはパラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油を一切使用しておらず、頭から体まで使うことができます

ドルチボーレでは水にもこだわっており、佐賀県から採水される天然水を使用しているためRO水や精製水よりも自然由来で赤ちゃんの肌に優しくなっています。また、ヒアルロン酸を配合していることでお風呂上がりの赤ちゃんの肌をしっとりすべすべに保ってくれるのもポイントです!

少し値段が高めになってしまいますが、その価値はありますのでぜひお試しになってください。

ママ&キッズ ベビーヘアシャンプー(日本)

赤ちゃんは生まれてから生後3か月くらいまで皮脂量がとても多く肌トラブルが起きやすいですが、そんな赤ちゃんの髪の毛専用につくられたのがベビーヘアシャンプーです。ママのお腹の中にいた胎脂に近い成分が配合されているので、肌にとても優しくなっています。もちろん無添加なので着色料、石油系界面活性剤、パラベンなどは使用されていません。

また、同じラインナップで全身が洗えるタイプも発売されているので、合わせて使うのもオススメです。



TENEI 無添加ベビーシャンプー(日本)

TENEIの無添加ベビーシャンプーは、その名の通り無添加にこだわっているシャンプーです。合成界⾯活性剤、合成着⾊料、合成⾹料は使用していないため赤ちゃんのお肌に安心です。

また、赤ちゃんの乾燥しやすい肌のために天然植物を使用することで、潤いのある肌を保ちます。国内で生産しているのも安心安全なところです。

ポンプで泡タイプなので泡出たせなくてよいのも嬉しい点ですね。

ミヨシ 無添加 泡で出てくるベビーせっけん(日本)

ミヨシ石鹸は大正10年創業の老舗石けんメーカーです。伝統ある石けんメーカーが作るせっけんは、「良質な材料」と「職人の技」という石けんへのこだわりから成り立っています。

そんなミヨシから発売されているベビーせっけんは、石けん成分と水以外は何も使用されていません。石鹸と言ってもポンプ式で泡が出てくるので使いやすくなっています。

やはり石けん成分のみなので、安心して使えるのが良いところです。石けんを使用すると、お風呂上がりの乾燥が気になる場合があるかもしれませんが、その際は保湿剤をしっかりと塗るといいでしょう。
コスパが良いのもポイントです!





いかがでしたか?

やはり肌の弱い幼児の頃だからこそ、気をつかってあげたいですよね!

ベビーシャンプーもたくさんありますが、薬局などで買おうとするとオーガニックのものは見つからなかったり、意外と無添加も少なかったりします。無添加やオーガニックのシャンプーで子供のモチモチ肌を維持してあげましょう!





pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status