布ナプキンorオーガニックナプキン あなたはどっち派?

布ナプキンorオーガニックナプキン あなたはどっち派?
2016年10月11日 高橋 弥生
高橋 弥生
In Lifestyle

「生理痛がなおった」「かぶれなくなった」などの評判を聞く布ナプキンですが、「本当?!」と疑念を抱いたり、「実際のところ洗ったりめんどくさそう…。」と思う人も多いのではないでしょうか。
今回は布ナプキンやオーガニックコットン製の使い捨てナプキンについて、紹介していきます。


布ナプキンとは

布ナプキンは、布でできているナプキンのこと。
一般的に流通している紙ナプキンは、ポリエチレン、ポリエステルなどのケミカル素材でできています。そのため、歩いたときに摩擦で肌が刺激されて、かぶれる原因になる場合があります。その点、綿100%の布ナプキンは通気性や肌触りに優れているため、肌への刺激がすくないとされています。
また、洗って何度でも使いまわすことができるのも経済的だといえます。ケミカル素材でできた紙ナプキンを使いすてれば、焼却する際にダイオキシンなどが発生し環境汚染につながります。その点、使い捨てない布ナプキンは環境に優しいでしょう。

おすすめのオーガニックコットンの布ナプキンブランド 5選

nunona

nunona.jp


オンラインショップ、もしくはAmazonでも購入することができます。

メイド・イン・アース

www.made-in-earth.co.jp


オンラインショップ、もしくはAmazonで購入することができます。

AENUANCE

http://aenuance.com/shop/

(画像引用:amazon.co.jp
オンラインショップ、もしくはAmazonで購入することができます。

Kotori works

nunonap.com

@naomemoがシェアした投稿


オンラインショップ、もしくはAmazonで購入することができます。

無印良品

www.muji.net

(画像引用:amazon.co.jp
オンラインショップ、もしくはAmazonで購入することができます。

布ナプキンの問題点

布ナプキンの問題点をいくつかあげると以下のとおりです。

①洗うのが手間

つけ置きしたのちに手でゴシゴシっと洗い、その後は他の洗濯物と一緒に洗えますが、その工程が面倒に感じる人も多いようです。

②外出時に使用済みを持ち運ぶ抵抗感

使い捨てとは違った手間ですね。

③初期費用が結構かかる

使い回しできて経済的とはいいますが、替えの分も用意するとなると結構な出費です。

④安定感のなさ

スナップボタンでとめる形なので、安定感がないように感じる人も多いそう。

⑤漏れへの心配

多い日は紙ナプキンなど、やはり併用している人が多いようです。

そもそもメリットの科学的根拠がない

生理痛の軽減など、さまざまなメリットの声があがっていますが、現在、布ナプキンを使用した際のこのようなメリットの科学的な根拠はありません。またケミカルなナプキンの害がネット上で囁かれていますが、こちらも現在科学的根拠がないそうです。
 
問題点はあげましたが、筆者個人の見解では、布ナプキンは素材の良いものは、通気性が紙ナプキンよりあるので、使い方や洗い方などきちんと守って使用すれば良い物だと思います。また、目的も生理痛の改善などの根拠のないものではなく、着け心地だったり、環境への配慮などが目的であったら良いものなのではないでしょうか。漏れなどの不安は紙ナプキンとの併用で改善できると思うので、うまく時と場合を考慮して併用するのが一番良いかと思います。
ですが、やはり面倒なイメージがあって手を出しにくいですよね。そんな人におすすめのものが、オーガニックナプキンです。

オーガニックナプキンとは

布ナプキンに限りなく近い使用感で、使い捨ての利便性も兼ね備えたオーガニックコットン製のナプキンが有ります。使い捨てということで、環境への配慮は?かもしれませんが、肌に優しいという布ナプキンのメリットと、洗う手間などのデメリットが解消できるものだと言えるでしょう。

おすすめのオーガニックコットン製の使い捨てナプキンブランド 3選

ナチュラムーン

naturamoon.jp


日本国内で医薬部外品として承認されているナプキンの中で、初めて「コットン100%のトップシート+高分子吸収材不使用」を両立した商品。一般的な塩素漂白ではなく、酸素漂白されています。
Amazonで購入することができます。

Natracare

www.natracare.com

natracareさん(@natracare)がシェアした投稿


海外製ですが、日本のものとサイズ感がそこまで変わらず使いやすいと評判です。タンポンもあります。
Amazonで購入することができます。

Organyc

www.organyc-online.com


表面および内材にもオーガニックコットンを使用し、塩素系漂白剤・高分子吸収剤・香料・着色料不使用。婦人科医と一緒に研究を重ねて作られました。こちらもタンポンもあります。
Amazonで購入することができます。

いかがでしたか?

生理に悩みを持つ女性は多くいますよね。生理用品にも好みがあると思うので、自分に合う素材の良いものを選ぶのが一番ではないでしょうか?