オーガニックコスメって石鹸で落とせるの?

オーガニックコスメって石鹸で落とせるの?
2016年7月20日 高橋 弥生
高橋 弥生
In Lifestyle

「メイクは毎日しなきゃだけど、クレンジングって肌に負担かかりそう…。」
「できればクレンジングを使わないで、石鹸だけで全部メイクが落としたい!」
「オーガニックコスメなら天然成分だし、石鹸だけで落ちるのかな?」
女性なら誰もがそんな悩みや疑問がありますよね。
ということで、今回は「石鹸で落とせるメイク」、特に「オーガニックコスメ」についてのお話です。
 



 

石鹸で落ちにくいメイクとは?

そもそも、石鹸で落ちにくいメイクとは何なのでしょうか?
「石鹸で落ちにくい」=「メイクが崩れにくい」と、言い換えられるでしょう。
例えば、ウォータープルーフのメイクや日焼け止めは汗でも落ちないように作られているので、石鹸で落ちにくいですよね。また、ナノ粒子が入っているコスメも、肌に密着することでメイクが崩れることを防いでいるので、毛穴の奥にメイクが入り込み、石鹸で落ちにくいです。
つまり「メイクを崩れにくくするための成分」が必然的に石鹸では簡単には落ちにくくなっており、専用のクレンジングが必要になるということです。

クレンジングはなぜ肌に良くないの?

クレンジングオイルには洗浄力の強すぎるものもあるので、使い方を間違えてしまうと肌の皮脂を必要以上に落としてしまうことがあり、皮膚を傷つけたり、乾燥肌や敏感肌になってしまう原因にもなり得るため肌に良くないと言われています。
反対に「メイクはしっかりクレンジングして落としておかなければ肌荒れの原因になる」という意見もありますが、メイクが多少残っていても肌にはもともと自浄作用が働いています。
強い洗浄剤で肌を傷つけてしまうよりも、肌の自浄作用に頼ることも、美肌への一歩と言えそうです。
とは言え、バッチリメイクをしてしまった日にはどうしてもクレンジングしないとメイクが落ちないですよね。なので、バッチリメイクをした日にはクレンジングミルクなどを使用し、ゴシゴシこすらずに落とすのがおすすめです。それ以外の日には、簡単に石鹸で落とせるようなナチュラルメイクにして、クレンジングを使わずに石鹸だけで洗い流すのがお肌に優しいメイク法でしょう。

オーガニックコスメは石鹸だけで落とせるものがほとんど!

organiccosme
オーガニックコスメは天然成分で作られているので、強い洗浄力が必要ありません。そのため、クレンジングを使わないで石鹸だけでメイクを落とすことができるものがほとんどです。石鹸で落とせるということは、やはり肌に優しい成分ということが言えるのかもしれません。

石鹸で落とせるおすすめオーガニックコスメ

インターネットで購入することができる、おすすめのオーガニックコスメをいくつか紹介します。

Zuii (ズイ)

zuii
「メイクを落とした後の肌色まで美しく」というコンセプトのオーストラリア発オーガニックコスメブランド。石油系の原料や鉱物原料を使用せず、有機栽培の花などの植物を主な原材料として使用している。オーストラリア政府公認のオーガニックフード加工業者認定であるOFC認定を取得、つまり食べても問題ないような安全な原材料しか使用していないということ!
amazonで購入できます。

LOGONA

www.logona.jp
logona
35年も前からオーガニックにこだわり、ヨーロッパのナチュラルコスメのパイオニア的なブランド。
石油系の原料、化学合成の色素、香料、防腐剤の使用や放射線殺菌を行っておらず、契約農家が栽培した有機栽培の植物を、自社工場で抽出しているので安心!
こちらもamazonで購入可能

Couleur Caramel(クルールキャラメル)

www.mobicosme.jp
couleur-caramel
南フランスのオーガニックコスメ。
厳しい基準をクリアした製品にのみ付与されるオーガニック認証のCOSMEBIO(コスメビオ)の認定。
化学成分は一切使用せず、使われている天然成分も可能な限り無農薬製法で、私達にも地球にも優しい化粧品です。
amazonや楽天からは購入できないので公式サイトからどうぞ

オーガニックファンデーションにはオーガニックの日焼け止めの合わせ使いがおすすめ

メイクの中で1日中つけていることの多いのはファンデーションです。肌への負担を意識してメイクを選び始めた人は、まずファンデーションをオーガニックのものにする人が多いようです。「長時間肌に乗せていても肌が疲れない」「ファンデーションを落とした後の方が肌がもちもちしている」なんて声も多く聞き、一番実感が大きいのかもしれません。しかし、オーガニックファンデーションにも弱点は存在します。それは、紫外線をカットしなかったり、カットしたとしてもカット率が低かったりすることです。
いくら肌に優しくても紫外線はお肌の天敵ですね!そこで、オーガニックのファンデーションを使用する場合はオーガニックの日焼け止めを合わせて使うのをおすすめします。
先ほどもあげたとおり、普通の日焼け止め(ウォータープルーフ)は石鹸では落としにくので、ここで普通の日焼け止めを使ってしまうと、結局クレンジングが必要になってしまいます。オーガニックの日焼け止めを併用しましょう!

オーガニックコスメは「難しそう」?

オーガニックコスメ、興味はあるけどハードル高いな…って人も多いのではないでしょうか?
私自身も、オーガニックコスメは美的意識が高い人が使うイメージでした。
しかし実は私のようにケアが適当な人こそ、オーガニックコスメのほうが向いてるとも言われています。というのもオーガニックのコスメは、洗顔をしたあとのケアがそれほど必要ないものが多いのです。そもそも、オーガニックコスメは肌本来のちからを高めることを目的としているものも多く、やりすぎケアをする必要がないように作られています。
また、先程から述べているようにオーガニックコスメは石鹸で落とせるものが多いため、やりがちな適当な方法でのクレンジングで肌をゴシゴシ刺激してしまうことを防ぐことができます。

フルメイクは毎日してはいけない

ここまでクレンジングを使わない石鹸で落とせるメイクについて述べてきましたが、やはり一番肌に負担がかからないのは、フルメイクは毎日しないということです。適度に肌を休めてあげることが何よりも大切です。
とはいっても職場にノーメイクで出勤するわけにもいかないし、プライベートでもメイクしない日がないという人も多いはず。そんな人は、オーガニックコスメのようにできるだけ肌に負担をかけない成分をつかったメイクや、クレンジングでゴシゴシする必要のないようなナチュラルメイクを心がけてみたり、クレンジングの方法を意識したりすることで、美肌の維持に繋がるのかもしれません。美肌の道は日々の積み重ねと言えそうです。