グルテンフリーのパンが買えるお店おすすめ6選

グルテンフリーのパンが買えるお店おすすめ6選
2017年7月18日 高橋 弥生
グルテンフリーのパン屋さん

グルテンフリーのパン専門店!?

最近は独自のこだわりを持つパン屋さん増えてきて静かなブームとなっていますが、グルテンフリー生活を送っている人は「パンはグルテンフリーではないから食べられない」と思われるかもしれません。しかし実はグルテンフリーのパン専門店がというものあるんです。
今回はおすすめのグルテンフリーのパン専門店をご紹介します!


グルテンフリーとは

そもそもグルテンフリーという言葉は聞いたことあるけど、いったい何?という方も多いでしょう。グルテンは小麦・大麦・ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種のことで、それらを使用しない食事をグルテンフリーといいます。グルテンはアレルギー源にもなることから、グルテンアレルギーの予防改善のために考案された食事がグルテンフリーです。近年はグルテンフリーダイエットなども聞きますが、これはグルテンを摂らない食事という意味で減量方法ではありません。実際痩せたという声も一部聞きますが、科学的根拠は現在の段階ではありません。もっと詳しくグルテンフリーを知りたいという方は『今更聞けない「グルテンフリー」って何?』をご覧ください。

グルテンフリーのパンは何でできている?

通常のパンは、小麦やライ麦に水・酵母・塩などを加えて作ったパン生地を発酵させて焼いたものです。原料である小麦やライ麦にグルテンが含まれているため、パンはグルテンフリーではありません。
一方、グルテンフリーのパンは小麦やライ麦の代わりに主に米粉が使用されています。米にはグルテンが含まれていないため、米粉で作ったパンはグルテンフリーとなります。
 
これから紹介するグルテンフリーのパン屋さんは米粉をつかったパンを販売しているお店です。今回はアレルギーの方に限らず、最近小麦粉をつかった料理に食生活が偏っているなど様々な理由からグルテンフリーに興味を持つ方向けにグルテンフリーのパンが買えるお店を集めてみました。重篤なアレルギーの方はお店に製造ラインなどを確認したうえで購入するようにしましょう。

グルテンフリーのパンが買えるお店おすすめ6選

【東京・戸越銀座】米魂(ベイコン)


米魂はグルテンフリーの米粉パン専門店です。以前は小麦を米粉に混ぜた生地を使用していましたが、2016年11月にリニューアルし100%ノングルテンの生地になったそうです。国産米粉と白神こだま酵母など厳選した自然食材だけを使用し、添加物や保存料、着色料は一切使用していません。


米魂の話題の商品は写真にもある「顔パン」です。中身はつぶあんで、写真や似顔絵を元にパンを作ってくれます。母の日や父の日などギフトにピッタリです!


お米でできたパンだけに、おにぎり型のパンも人気。こちらはたくあんマヨをはさんだいそべ巻きです。もちろんグルテンフリー、卵、乳不使用です。
米魂のパンは公式ページでも一部購入することができますが、常時50種類ちかくのパンが並ぶ店舗にぜひ足を運んでみてください!

店舗名 グルテンフリー田んぼのパン工房 米魂(ベイコン)
住所 〒142-0041 東京都品川区戸越2-6-3
アクセス 都営地下鉄浅草線戸越駅より徒歩約5分
東急池上線戸越銀座駅より徒歩約7分
電話番号 03-3787-4776
営業時間 9:00~20:00
定休日 木曜日
公式ページ www.mybeicon.com
SNS Facebook
instagram

【東京・武蔵境】こめひろ


こめひろ十割の米粉パン製造所はグルテンフリーの米粉パン専門店です。十割の米粉パン製造所という名前の通り、すべてのパンは小麦粉・グルテン・卵・イーストフード・保存料・増粘剤などを使用せずに作られています。使用される米粉は新潟県産のコシヒカリ。お米の甘みが感じられてとても美味しいです。甘味料にも北海道の砂糖大根からできたビートグラニュー糖、塩も天然ミネラルが豊富な粗塩を使用するこだわりです。
店内の商品名が書いてあるタグには、使用されている主なアレルゲン物質の記載もあるので、アレルギーの方もわかりやすく安心ですね。


人気商品は「焼きドーナツ」。見た目もとても可愛いので、お子様にもおすすめです。食べているうちにだんだんお餅を食べているような不思議な感覚になるのも、美味しさの秘訣です!

店舗名 こめひろ 十割の米粉パン製造所
住所 〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-18
アクセス JR武蔵境駅北口から徒步7分
電話番号 0422-77-6616
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日・火曜日
公式ページ www.comehiro.com
オンラインショップ comehiro.shop-pro.jp
SNS Twitter

【石川・金沢】WAGOME(わごめ)


WAGOMEの全てのパンは小麦・小麦グルテン・増粘剤などの添加物を一切使用せず、アレルギー表示義務7品目(小麦・卵・乳・そば・えび・かに・落花生)も一切使用していません。素材は国産コシヒカリ100%の米粉を使用し、自家製リンゴ酵母を使用してつくられています。

@nenemu____がシェアした投稿


WAGOMEの「グルテンフリー米粉食パン一斤」はAmazonの食パンベストセラーランキング&食パン一番ほしい物リストに追加されている商品の1位になったこともある人気商品。特におすすめの食べ方は蒸篭で蒸すことです。以下の写真でみてもわかるくらいにモッチモチになります。


WAGOMEのパンは金沢にある店舗、公式ページAmazonで購入することができます。

店舗名 WAGOME(わごめ)
住所 〒920-0027 石川県金沢市 駅西新町1-4-1
電話番号 076-201-8829
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
公式ページ wagome.net

【栃木・足利】お米ぱん八

moguさん(@kuishin_bou3)がシェアした投稿


お米ぱん八は米粉100%パン専門店です。米本来の味や食感を楽しんでもらいたいという想いから、小麦粉・小麦グルテン・増粘剤などの添加物などを一切使用していません。そのため、小麦アレルギーの方も安心です。使用している米粉は国産EM農法の放射性物質未検出の米粉、酵母も米麹と玄米から作った自家製の天然酵母を使用しています。酵母まで米由来というこだわりがすごいですよね!

@antler04がシェアした投稿


お米ぱん八はネットショップ限定のお試しセットがお買得と大好評です!キューブ型のパン5種、米粉100%のベーグル1粉、バナナケーキ2粉の計8点セットで2,160円(税込)です。もいろん、グルテンフリー、卵・添加物不使用です。冷凍で送ってくれるので、日持ちの心配もありません(2週間ほど保存可能)。もちろんセット以外にも自分で好きなものを選んで購入することもできますよ。
お米ぱん八のパンは足利市にある店舗と公式ページから購入することができます。

店舗名 お米ぱん八
住所 〒326-0012 栃木県足利市大久保町1223
電話番号 0284-91-0878
営業時間 12:00~18:00
定休日 月曜日・木曜日・祝日
公式ページ www.okomepan8.net
SNS Facebook
Twitter

【山口・下松】米粉パン工房micco


米粉パン工房miccoは小麦グルテンを含まない米粉100%のパンを焼いているお店です。小麦・卵・乳製品不使用。マヨネーズも卵不使用・コレステロールゼロのものを使用しています。


自宅の2部屋を改装してつくった小さな工房でひとつひとつ丁寧に手作りされるパンは小麦粉のパンと変わらないくらいふわふわで美味しいと評判です。
また、小麦・卵・乳製品が絶対に混入しない安全なパンを製造することをこだわりにしていますが、米粉を袋詰めする製粉工場の同じラインで小麦粉の袋詰めがされるなど、工房のちからの及ばない場所でアレルゲンが混入する可能性があるので、重篤なアレルギーの方は購入を控えるように注意喚起されています。そういった心遣いも逆に信頼できますね。
Yahooショッピングで購入することができます。

店舗名 米粉パン工房micco
住所 〒744-0024 山口県下松市末武上521-2
電話番号 090-7505-1703
営業時間 8:30〜12:00
定休日 水曜日
公式ページ micco-pan.jp
SNS Facebook

【山口・下関】こめらぼキッチン


こめらぼキッチンでは5大アレルゲン(小麦粉・グルテン・乳製品・たまご・そば・ピーナッツ)を使用しないアレルギーの方でも安心して食べられるパンの製造をしています。製造現場に5大アレルゲンはもちこまないことを徹底しています。オーナー自身のお子さんもアレルギーを持っていてるため、消費する側の気持ちに立ち、アレルギー関係なくみんなが美味しいものを食べられるものを作る事を使命にしています。


こめらぼキッチンの人気商品は「豆乳ホイップクリームパン」。パン生地もクリームももちろん5大アレルゲン不使用のグルテンフリーパンです。


季節によってはこのようにイチゴがはいったものも販売されています。
こめらぼキッチンのパンは下関市にある店舗、公式ページをみながらの電話・メール注文で購入することができます。

店舗名 こめらぼキッチン
住所 〒751-0821 山口県下関市三河町9-15 レノン山の田101
電話番号 083-265-8553
営業時間 10:00〜18:00
定休日 水・日曜日、臨時休業あり
公式ページ komelab.net
SNS Facebook
instagram

いかがでしたか?

グルテンフリーのパン屋さんを紹介してきましたが、実は小麦を使用せずに米粉100%でパンをつくるのはとても難しいのです。というのも、グルテンはパンが膨らむのを手助けするような役割をしているため、グルテンフリーの米粉ではパンが膨らみにくいです。そのような理由から、米粉パンはおいしくないというイメージも一部であるようです。そのため、米粉パン専門店というお店でも少量の小麦を使用しているところがたくさんあります。今回紹介したパン屋さんは完全に小麦を使用していないお店ばかりをご紹介したので安心してください!ただ食品店は頻繁にメニューが変わったりするので、小麦アレルギーが心配な方は事前にお店に相談してみましょう◎
 
また米粉パンは時間が経つにつれて硬くなってしまいます。硬くなると米粉パンのおいしさであるもっちり感がなくなりボソボソとした食感になってしまうので、必ず温めて食べましょう。どの米粉パンのお店でもおすすめの食べ方を紹介してくれるので、そのとおりにすれば必ずおいしくいただけるはずです。焼けばカリカリのおかきのような美味しさ、蒸せばもちもちのお餅のような美味しさをパンから感じることができ、その不思議な感覚にハマること間違い無しですよ!ぜひ試してみてくださいね!