次に来るスーパーフード、バオバブパウダーとは?

次に来るスーパーフード、バオバブパウダーとは?
2016年2月10日 ローラン編集部

アフリカの象徴、バオバブ。

アフリカのサバンナと言ったらこの木が写った風景を思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。
サン・テグジュペリの「星の王子さま」に出てくることでも有名なバオバブは付近に住む村民にとって重要な食料源や薬剤であり、経済効果や文化の象徴でもあります。地球上でもっとも大きな樹木とも言われる高さ約20m、直径10m以上の巨木は、アフリカとオーストラリアの比較的乾燥した地域に分布しており、細かい合計数十種類あると言われています。バオバブの木はセネガルで国のシンボルになっています。栄養豊富な実と葉を食べたり、空洞の幹を住居にしたりと、古来より人と密接した植物です。



The tree of life 〜生活の木〜

「バオバブ」はアラビア語の「bu hobab(ブー・フブーブ)」の「種が沢山あるもの」が語源と言われています。バオバブの木は、猿が実を食べるため「モンキーブレッドツリー」、バオバブフルーツに酸味があるため「レモネードツリー」などの愛称で親しまれています。また「The tree of life(生活の木)」とも呼ばれ、生息地周辺の地元民には食料や住居以外にも、織物、縄、布、壁材、貯蔵庫などにバオバブの木が使われています。雨季には新芽がつき、葉を成長させ、乾季には実をつけ、葉を落とし、長い乾燥した時期を乗り越えるために10トンほどの水を幹に蓄えます。

バオバブは約10種存在し、種類によって大きさや形状が違います。各種によって典型的な形はありますが、育つ場所や剪定などにより、樹形がかなり変わります。
近年アフリカの雨量減少の影響で、動物が水を求めて、水を蓄えているバオバブを食べているため徐々に木が減少していっています。また、都市開発のためにバオバブの木が伐り倒されています。地域の住民にとってそのまま販売、あるいは加工して出荷するバオバブフルーツは貴重な収入源です。バオバブのビジネスモデルが発展することによって、バオバブの伐採抑制に繋がると考えられます。

サバンナに生きる生物のパートナー

乾燥した気候でビタミンやミネラルを摂取できるバオバブはアフリカで人類や動物が生きるために必要不可欠なパートナーでした。
バオバブの幹は巨大なことで知られていますが、沢山の水を保有することが一番の特徴です。
バオバブの幹の内部は柔らかく、水をたっぷり含んだスポンジのような形状で、干ばつの時は象が幹に穴をあけ内部の水を飲んだり、人が切り倒して牛の飼料にしたそうです。
中には100トン以上の水を蓄えているバオバブの木もあるそうです。
ではそんなバオバブの中でも現在スーパーフードとして世界中から注目を浴びている部位をみていきましょう。

バオバブの葉

バオバブの葉はビタミンやミネラルが豊富で、薄い緑色の若葉や新芽は野菜として食べれます。また、家畜の飼料としても利用されています。また、葉を粉末にして調味料として使えます。

バオバブシード(バオバブの種)

バオバブの種にはタンパク質とカリウムが豊富に含まれています。
種は加熱や発酵、焙煎してコーヒー豆のように使う事もできます。また、絞る事により食用油としても使えます。

バオバブの実(バオバブフルーツ)

バオバブの中でも特にバオバブフルーツは、スーパーフードとして知られています。ビタミン、カルシウム、ミネラル、水溶性食物繊維などの栄養にあふれ、特にビタミンCが豊富なため、インド洋沿岸ではビタミンC不足によって生じる壊血病の予防として食べられていました。

果実は酸味があるため、お菓子やレモネードのような飲料水にもなります。熟成中のバオバブフルーツの白い果肉は、幹の繊維に水分を貯めるため木に生ったまま自然に乾燥していきます。乾燥した果肉は粉状の塊になっているので、自然と栄養豊富なパウダーが出来上がります。

バオバブパウダーの元となるバオバブフルーツの主な成分と特徴

バオバブフルーツはレモンの3倍以上のビタミンCが含まれています。また、ごぼうの約6倍のカルシウムを保有しています。
バオバブフルーツに豊富に含まれているリンはカルシウムと一緒に働き、骨や歯を形成するミネラルです。バオバブフルーツはバナナに含まれているカリウムの約6倍もの含まれています。バオバブフルーツは、ポリフェノールが豊富なスーパーフードとしても知られています。
ビタミンやカリウムの量で評価されているレモン、ごぼうとビタミンとミネラルの量を比較してみました。
 

ミネラル(100g中あたり)

バオバブフルーツ

(乾燥果肉)

レモン

(生・果汁)

ごぼう

(生・根)

カルシウム 293 – 300mg 7mg 46mg
リン 96 – 210mg 9mg 62mg
7mg 0.1mg 0.7mg
カリウム 2310mg 100mg 320mg
ナトリウム 1.86mg 2mg 18mg
マグネシウム 0.10mg 8mg 54mg
亜鉛 0.064mg 0.1mg 0.8mg
マンガン 2.07mg 0.03mg 0.18mg

 

ビタミン(100gあたり)

バブバブフルーツ

(乾燥果肉)

レモン

(生・果汁)

ごぼう

(生・根)

ビタミンA

(カロテン)

200μg 0mg 1μg
ビタミンB1

(チアミン)

0.038mg 0.04mg 0.05mg
ビタミンB2

(リボフラビン)

0.06mg 0.02mg 0.04mg
ビタミンB6

(ピリドキシン)

2.13mg 0.05mg 0.1mg
ナイアシン 2.16mg 0.1mg 0.4mg
ビタミンC 169 – 500mg 50mg 3mg

引用:Baobab Fruit Company Senegal Nurtirional Tables
文部科学省 食品成分データベース

バオバブの味と食べ方は?

現在日本でバオバブフルーツは、パウダー状になったもののみ購入出来ます。バオバブパウダーは果肉が自然に乾燥して出来上がるため、非加熱です。製品としての製造時も、加熱しないのでローフードです。
柑橘系のフルーツなので、グレープフルーツに似た味をしています。バオバブパウダーは粉末でそのままでは食べにくいため、他の食品に混ぜて食べるのがおすすめです。スムージーやレモネード風な飲み物にするのはもちろん、ヨーグルトやシリアル、ジャムにかけて食べても美味しく食べられます。バオバブパウダーは混ぜるととろみがでるので、ソースやディップを作るときにおすすめです。

バオバブに摂取制限はあるの?

バオバブフルーツパウダーに摂取制限を設けられていませんが、食物繊維が豊富なため、食物繊維摂取を控えている方は、注意が必要です。一日に大さじ1杯を目安に摂取するのが一つの目安になるようです。
バオバブフルーツパウダーは授乳中の方や妊婦さん、お子様、高齢者の方も食べることが出来ます。また、現在アレルギー症状の報告はありませんが、バオバブフルーツは果物なので、何か反応があった場合は食べることを直ちにやめ医師に相談してください。

バオバブの保存方法は?

バオバブフルーツパウダーは乾燥しているので長期保存が可能であり、製品は約1年半から2年程保存ができます。
乾燥した状態で売っているものがほとんどなので長期保存ができる商品が多いようです。
 

いかがでしたか?

アフリカの自然が生んだ天然のローフード、バオバブを是非試してみましょう!